お金を借りてから苦労した体験談

Read Article

パチスロにハマって利息の高いカードローンで借り入れした失敗談

パチスロにハマって利息の高いカードローンで借り入れした失敗談

もう7年くらい前の事になりますが、当時は就職して2年目の20代前半の頃の事です。当時サラリーマンをしていてまだ独身でした。

就職する前の大学の頃からパチスロにはまっていました。大学の頃は学校がない日や昼からの日は朝から行って同じ仲間と行って収支はトントンで負けていなかったと思います。

就職して色々とストレスがたまっていたこともありまして、仕事が終わった後にパチスロに行くようになりました。パチスロは朝が圧倒的に有利で夕方以降は人が増えて不利になります。
ですが、仕事のストレスを解消したいとの思いがあり、夜の遅い仕事終わりに不利と分かっていくようになり負けることが多くなりました。当時のパチスロ機は現在よりもギャンブル性が高く、10万円近く負ける事もありましたので。

ある月に給料の9割くらいを翌日に使ってしまいました。生活費がなくなってしまい、まず思いついたのが銀行振込になっている銀行のカードローンです。

そのローンは就職時に会社から指定銀行の口座で給与振込用に作るように言われたものでローンは自動で付いてきました。そのローンは限度が10万円で借りた翌月に最低1万円を返済するというものでした。

そのカードローンは限度も低いですし、あまり借金しているプレッシャーみたいなものはなくしばらくは勝つこともあったのでそのローンで何とかなっていました。

その後大きくお金を使うことが多くなり、借り入れしたいと思うようになりました。パチスロもそうですが、会社の飲み会なども多くなり、若年社員の安月給ではやっていけなくなります。

次に思いついたのはキャッシュ付きのクレジットカードです。ショッピング枠30万とローン枠が50万あったと思います。不思議なもので自動で魔法のようにお金が出てくる感覚になりました。お金がないときはクレジットで買い物をして、パチスロ資金はキャッシュで出金していました。

なかなか残高は減りませんでした。残高が減らない理由は消費もありましたが、返済方法にもありました。定額3000円の返済が決まっているカードローンで且つ利率が非常に高いので返済の半分くらいは利息で取られていました。そんな状態でしたのでそのカードもマックスになってきました。

最終的には消費者金融数社にカードを作る形になっていきました。カードローン一つ一つの限度額は10万から30万円のものでしたのでトータルでも200万円はいっていないくらいでしたが、月の支払いは5万円くらいになってだんだんきつくなっていました。

給料もそれなりに増えていましたので無駄使いしなければ返済は十分可能でした。ですがパチスロは辞めておらず、無謀な勝負が多くなってました。仕事がきつくやはりストレス解消の場となってました。

ある月にまた全く給料がなくなってしまい、友人に借りる事になりました。カードがもう作れなくなったのです。確か年収の三分の一までしか借り入れができない決まりが出来た時期でした。同じような泥沼の気持ちをずっと持っていました。

20代も中盤を越えて決心しました。もう無理だと。何とかしよう、しないといけないと思いました。
会社の先輩に相談して色々な検討をしました。おまとめローン、債務整理など。最終的には債務整理の任意整理という方法をとりました。(任意整理とは

債務整理はローン会社利息を無くして返済する約束をするような感じです。その代わりブラックリストに載ります。

当時思ったのは自分は借りれなくなるほうが良いと思って結論を出しました。

その後は順調に払いもうすぐ返済が終わります。ただ返済後5年間は借り入れができないので、事業を起こすことも家を買うこともできません。

自分の結果なので後悔はしていませんが、今後の人生は違ったものにしたいと思いました。これを読んでくださった方には節度ある利用をおすすめしたいですね。

Return Top