お金を借りてから苦労した体験談

Read Article

銀行系カードローンを契約し、最終的に債務整理を行いました

銀行系カードローンを契約し、最終的に債務整理を行いました

43歳会社員(女)です。母親と、夫の3人で暮らしています。

3年前程に、当時働いていた職場の近くにある地方銀行で、銀行系カードローンを契約しました。限度額は100万円。出し入れや使い道の自由なフリーローンです。

その銀行で給与の受け取り口座を作っていたのですが、無駄遣いを防ぐためにキャッシュカードは作っておらず、毎月窓口で入出金や支払いを行っていました。そのため行員さんとも顔見知りで、行くたびにカードローンを勧められていました。

しかし、実は当時、消費者金融からの借り入れもあったことから、申し込んでも審査には通らないだろうと思っていました。また、勤務先は超有名な企業でしたが、非正規雇用で給料は良くありませんでした。

契約したら、きっと使うだろうし、そうすると支払いが大変だろう、と思いました。そのため、勧められても毎回お断りしていたんです。半年ほど、その状態でしたが、結局は申し込みをしました。

冠婚葬祭など臨時で大きい出費があった際に便利だろうと思ったんです。お祝いごとに関しては事前に分かるため所得が低くくても対応できますが、不幸ごとに関しては突発的であり、出す金額も大きいことがあります。それほど貯金もないことから、いざというときに対応出来るように、と考えました。窓口で申し込み書類を記入し、提出しました。

カードローンの審査は通りました。数日で自宅にカードローン用のカードが届きました。家族には内緒での申し込みでしたが、長く取引のある銀行からの郵便でしたので、特に疑問には思わなかったようです。

届いてから数ヶ月は、使用することなく過ごしていました。しかし、あるとき近い身内がなくなり、どうしても手持ちが足りず、ついに借り入れをしました。

このときは「契約していて良かった」と思いました。

夫も働いていますが、家や車のローンもあり、生活はそれほど楽ではなく、貯金もゼロに近い上に他の借り入れもあったため、契約していなければお金は用意できなかったことでしょう。

内緒にしていたことから、やましい気持ちはありました。バレないうちに早めに返済してしまおう、と考えました。しかし、そうはいかなかったんです。

それから間もなくして、職場内でトラブルがあり、不当なパワハラを受けるようになりました。毎日つらい日々でした。そのストレスから、私は、パチスロに依存しました。当然ながら勝つことばかりではなく、たびたび所持金を使い果たし、カードローンから借り入れもしました。止めたくても、なかなか止められませんでした。

何ヶ月か、そんなふうにして過ごし、結局その職場は体調を崩して退職しました。賞与も、退職金もない職場でした。幸い、間を置かずに短期バイトが見つかりました。その職場はストレスを感じない、良いところでした。しかし一度ハマったギャンブルからはなかなか抜け出せませんでした。

借り入れは緩やかに増えていきました。そして短期バイトが終わり、無職になったんです。最低でも、月に10万円ほどは「必要」でした。足りない分は銀行系カードローンで補填しました。その頃には、借り入れのたびに酷い自己嫌悪に陥りました。夜も眠れないことさえありました。

実は、夫に内緒で借金をしたのは、それが初めてではありませんでした。カードローン契約前にあった消費者金融での借金も、生活費と、ギャンブルで作ったものだったんです。罪悪感で苦しい毎日でした。

短期バイト在職中から、毎日仕事を探し、何度も履歴書を送り、面接も受けました。しかし年齢のこともあり、なかなか決まりませんでした。

無職になってから2ヶ月が経過したころ、「このままでは、いつ仕事が決まるか分からない」と判断しました。借り入れ額は80万円を超えていました。
意を決し、夫にだけ、「借金があり、滞納は一度もなく返済しているがこのままではいつか破綻するため債務整理をしたい」ということを話しました。

そして弁護士の無料相談を経て、任意整理を行いました。消費者金融および銀行のカードローンを対応していただきました。

任意整理により、それまでより月々の返済額は下がりました。利息はありません。幸いなことに、ちょうど弁護士に依頼したあたりで短期の仕事が決まり、安定した収入が入るようになりました。「二度とギャンブルはしない」と心に決めました。

夫に打ち明けて以降は一度もギャンブルはしていません。

カードローンがあって「助かった」と思ったのは事実です。しかし、自分の環境から考えると契約するべきではなかったと、今は思っています。

その後に正社員の仕事も見つかりました。もちろん毎月きちんと返済しています。今後もギャンブルをするつもりはありません。

正し使えるかたにとっては、カードローンは非常に便利なものだと思っています。しかし私には不向きでした。二度と同じことを繰り返さないよう、きちんと自分を制御したいと考えています。

Return Top