お金を借りてから苦労した体験談

Read Article

浮気の資金繰りに困った当時の私はカードローンの扉を叩いた

浮気の資金繰りに困った当時の私はカードローンの扉を叩いた

以前、浮気の資金調達のためにカードローンを使ったことがあります。会社はアイフル。理由は一応、生活費ということにしておきました。まさか浮気費用と正直に言うわけにもいきませんしね。

褒められたものではありませんが、浮気というのはやはりそれなりに費用が必要になります。デート代、食事代、そしてホテル代。奥さんに隠れてこれらの資金を調達するのは骨が折れます。我が家がお小遣い制だったということも関係してきます。

しかし、当時の私はそんなことでは諦めませんでした。むしろ、燃えたくらいです。借金してまで、と今でこそ思いますが、その時の私は壁が高ければ高いほど挑みたくなる、そんな性分だったんですね。

カードローンに申し込んだのは、営業の外回りをしている最中でした。自由に動き回れる時間がそこしかなかったのです。

結果、数時間後に会社に帰る頃には融資が受けられる手筈は整っていました

金額は、まずは10万円。形式は口座振り込みではなく、ATMでの引き出し方式にしました。不審な振り込みから足がついては適いません。利便性よりも、極力リスクを減らす選択肢を取ったわけです。

ネットで申し込め、融資の通貨連絡も速く、書類さえ整っていれば気軽に融資を受けられる。これは大変なメリットでした。少しの額だったので収入証明書も必要なかったですしね。

そこから何回かカードローンを利用しました。機を見ては返済していましたが、最低限の額だったことに加え、定期的な資金調達が必要だったため、なかなか完済には至りませんでした。浮気しながらだったので、当たり前と言えば当たり前ですが。

しかし、数年後には浮気を止め、同時にカードローンでの借り入れも取り止めました。飽きたという言い方はおかしいかもしれませんが、お金をかけてまですることか?という想いがふと首をもたげたのです。

そんなわけで、今はその分をせっせと返済中です。過去のことが奥さんにバレているかどうかは分かりませんが、なんとなく勘付かれてそうではあります。何も言ってきてはいませんが。

家族サービスに勤しみながら、徐々にお金を返していきます。割ときついですが、罰として甘んじて受けましょう。浮気はお金を借りてまでするものでは、やはりないですね。

Return Top